花咲け日記🌸

難病に負けるな!!未知の世界、、、悩むこともあるさ(* ̄∇ ̄*)

病気に気づくまで、、、(´・ω・`)

10月17日、あぃちゃんはRSウイルス感染症にかかり、またかかりつけの病院からちょっと大きい病院へうつり、入院しました。

RSに関してはそこまでひどくならず、1週間で退院。


あたしが、発作を初めて見たのはこの入院中で数日たった頃です。夜寝る頃に、手足を広げる動作をしてました。何だろうとは思ったけど、3ヶ月半ばくらいだし、モロー反射かなんかかなって思って、先生に聞かなかったんです。今思えば、何で聞かなかったんだよって思います。退院するころには、あぃちゃんはニコニコして機嫌も良くなり、あー、良かった、元気になったんだなぁって思いました。


それから、1週間くらいが過ぎてふと気づきました。あれ?そういえば最近あぃちゃん笑ってくれないなって。いつも、いつでも声かければ、あやせば、ニコニコ笑ってたのに。お姉ちゃんが保育園から戻ると嬉しそうにニコニコしてたのに。


4ヶ月に入る頃には、もう完全に笑わなくなり、下手したら視線すら合わない。あの手足を広げる動作は相変わらずで、こっちも気づけば増えてる。


なんか変だよね?

この動き何かな?


パパに何回も言ってたのに、病院に行こうってなかなか踏み出せなくて、もしかしたら、そのうち治るかもって思ってました。


そして、11月15日の夜、、、

4ヶ月の赤ちゃんってどんな感じだったかなぁ?って調べたら、出てきました。


『4ヶ月 赤ちゃん 点頭てんかん』


なにこれ?って見たから、今あぃちゃんは、病院で治療をうけてるのかもしれない。

気にせず見なかったら、もしかしたらまだどうしよう、どうしようって言ってるかもしれない。


ネットで書いてあることがすべてではないけど、病院に行くまではネットの情報しか頼りにできず、1日いろいろ見て病気のこと調べてました。

そして翌日の16日に、お姉ちゃんと同級生の男の子を持つママ友が近くに住んでるから、その友達に相談。そして、17日に一緒に病院行くと言ってくれて、パパも仕事だし、一人で不安だったから本当に心強かったです。


ネットには、早期発見、早期治療開始ばかりが目についたから、、、。友達は早かったと思うよって言ってくれたけど、でも、本当はもっと前から知ってたのにって自分を責めました。怖いからとか知りたくないからってのは自分のわがままであって、あぃちゃんはずーっとあたしが気づいて病院に連れていってもらえるのを待ってたんだろうな。


子供のことに関しても、自分のことであっても、おかしいと思ったらすぐに病院行くべきですね。今回のことで本当に思い知らされました。