花咲け日記🌸

難病に負けるな!!未知の世界、、、悩むこともあるさ(* ̄∇ ̄*)

いい先生で良かった(*´ω`*)

やっぱり、患者と先生の相性って大事だなぁって思いました。小児科の場合は親と先生ってなるかもしれないけど。

毎日コロコロ変わる担当看護師さんも合う合わないはあるし、、、本当にいろんなタイプの方がいる。こうゆう患者さんやその家族に対しての接し方とかってのは、統一されてるわけじゃないんだなぁって。すごい話しかけて、あぃちゃんにちょっかいだしてくれて、親のあたしにもいろんな話をしたり聞いたりする人、あぃちゃんにだけ話しかける人、どっちにもドライな接し方の人、、、。でも、あぃちゃんを入院中診てくれる先生は、担当医の他にも一緒に回診来たりする先生がいるけど本当によくあぃちゃんにもあたしにも話しかけてくれて、聞きたいことはないですか?とか親身になってあたしの話を聞いてくれたり、それに対して答えてくれたり、本当に丁寧。結構さらっと話してしまう先生や、難しい言葉ばかり並べちゃう先生がいたりする中で気遣ってくれたり、優しくて良かった。

病気のことを受け入れられず説明中に泣いたりしたのを見て、あとから、病室にきて大丈夫ですかって、話を聞いてくれました。


あぃちゃんは、順調に発作も起きず今は経過もいいけど、やっぱりこの病気は完治とは言えないみたいです。退院したあとも通院で成長を見ていくそうです。

基本的に点頭てんかんは、外来で通院治療らしいです。でも注射の副作用とか怖いことがあるから入院してるみたい。


今のままだと、年末年始には帰れるかなって感じみたいだけど、あたし的には一度外泊許可を出してもらい、そのあと退院とかの方が何となく安心する、、、その辺は全然相談してくれれば、その通りに進めたりとかできるみたいだから、またパパと相談して決めたいと思います☺️